アミノ酸系のシャンプーについて

傷んだ髪にいいと言われているアミノ酸系のシャンプーですが、実のところどういうものかということを今ひとつよくわかりませんでしたので、アミノ酸系のシャンプーについて調べてみまし。

簡単にいうと、アミノ酸シャンプーとは、刺激が弱くて髪や頭皮、肌にやさしいシャンプーなのです。

具体的には、アミノ酸シャンプーには、洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使っているシャンプーです。

どんな成分かというと、「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」などです。

市販のシャンプーに比べ、アミノ酸シャンプーは、低刺激なので、その分、洗浄力はやや弱いのですが、頭皮にはいいのです。

したがって、髪の傷みがある人や、肌が弱い人に人気のシャンプー剤なのです。

そもそもアミノ酸とは、タンパク質を生成しています。

私たちの身体の多くはアミノ酸で構成されているんです。すなわち、血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質ですからね。

ふつう、タンパク質は、数百~数千個のアミノ酸が連なっているといわれています。

私たちの身体の水以外は、かなりの部分がアミノ酸からできているのです。
で、アミノ酸には、ざっと約500種類の天然アミノ酸があり、私たちの体を作っているアミノ酸は約20種類あります。

しかも、その20のうち、私たちの体内で合成できるのが10種類程度で、それ以外は、食事などで補給する必要があります。

ちなみに、体内で合成できないアミノ酸を、必須アミノ酸といいます。

そんなわけで、アミノ酸シャンプーが、体にやさしいと言われるのです。

アミノ酸シャンプーが傷んだ髪に良いとされているのは、圧倒的に髪や頭皮、肌にやさしいためです。

刺激がほとんどないため、敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方におすすめです。

そのため、アミノ酸シャンプーは、皮脂を根こそぎ落とさずに、頭皮に必要な潤い成分は、しっかりと残したままにしてくれます。

また、アミノ酸シャンプーは洗うだけでなく、アミノ酸が髪へ浸透することで、ダメージを受けた髪を修復してくれる効果もあると言われています。

ほかにも、保湿力があります。頭皮の皮脂は、皮膚を保護する働きもあります。

市販の高級アルコール系シャンプーなどは、皮脂に対する洗浄力が強いので、落とさなくてもいい皮脂まで落とすことになり、結果として、頭皮の環境を悪化させてしまうことになります。

頭皮が赤く腫れたり、乾燥肌になったりといったトラブルを招いてしまうのです。

で、今ならアミノ酸シャンプーでは、オーロラシャンプーがいいようです。
実際に使ってみるとオーロラシャンプーの良さがわかると思います。

男の髪トラブルの原因と対策

僕もそうですけど、基本的に髪が長くないので、どうして男でも髪が痛むのかが疑問でした。

そこで、主な原因について調べてみました。

まず、お風呂上がりとかに十分に髪を乾かしていないために痛むということがあります。
ついついドライヤーとか面倒なので、しっかりと髪を乾かさないでそのまま寝てしまったりっていうこともありますが、これがいけなかったりします。

ドライヤーで乾かした方が、自然乾燥よりも早く乾くので、髪にはいいそうです。

また、自分の髪質に合わないシャンプーを使っているのも良くないようです。けど、自分の髪質によって、シャンプーなんて別に使い分けしていなかったので、そのへんは今後気をつけたいと思いました。

で、シャンプーについては、ついつい洗浄力が高いものにしてしまいがちですが、逆に髪がボサボサになることもあるようです。

その場合、髪に合わないシャンプーだと考えた方がいいでしょう。

それと男の場合、つい自分の髪に気を使わなかったりします。

ただ、面倒だからといってヘアケアを怠ると汚れた頭皮や髪のままでいることになるので、やはり頭皮トラブルが発生しやすくなります。

で、結果的に、ストレスなどで毛が抜けるといった悪循環にハマりやすいのです。

男でも意識してトリートメントやスカルプケアといったものに目を向けるべきなのです。

今はメンズシャンプーが多く見られます。
男は、女性に比べて皮脂の分泌量が多いので、頭皮を正常な状態に維持するために効果が期待されます。

しかしながら、皮脂分泌量が多くないのに洗浄力の高すぎるシャンプーを使っていると頭皮が乾燥し傷むことになります。

その場合、アミノ酸系のシャンプーなんていいようです。

男でも髪の悩みはあります。

自分がそうですから。

僕は現在28歳の独身です。

ここ1年位の間に鏡を見ると枝毛というか、切れ毛というのか、つんつんとした髪が目立ってきています。

また、髪の毛同士が絡み枝分かれしたりして、ちょっとみっともないと感じています。気になったときはハサミとかでカットしていますが、この数ヶ月の間に、そういった枝毛や切れ毛が増えてきたような気がしています。

それなりのリンスを購入して、シャンプーとリンスでセットでケアをしていますが、どうにもパサパサが治りません。

もしかしたら、今使っているシャンプーが原因なのかなとも思いました。

ちなみに美容室でカットしてもらっています。でも、知り合いに聞くと、別にそういったことは原因とは考えにくいそうです。

枝毛とか切れ毛というのは、女性がなるものだと思っていたので、驚きつつもショックでした。

そこで、自分なりにどうして枝毛や切れ毛になるのか調べてみることにしました。
すると、主な原因としては、夏の間の紫外線によるダメージが、大きな要因になっているようでした。今年のような猛暑なら、なおさらでしょうか?

あとは髪に、シャンプーが合わないということも考えられます。

シャンプーはそれなりに重要のようで、できれば市販のシャンプーよりもアミノ酸系の刺激の弱いシャンプーがいいようです。

抜け毛予防や紫外線ダメージを軽減させる効果もあります。また、指通りがよくなるシャンプーも多いようです。

他にも、シャンプーだけではなく、洗い流さないトリートメントを使うというのも効果があるようです。

しかしながら、一度なってしまった枝毛は、どうすることもできないので、切るしかないです!

でも、枝毛の毛先だけカットしても、枝毛は、またその同じところにできてしまいます。なので、切り続けるのは、良くないので、髪そのものの栄養とか保湿とか、そういう髪にいいことを見直すことも大事のようです。

僕もそういう傾向がありましたが、男性の場合、外食中心の食生活になりがちで、栄養が偏ってしまうことが原因で切れ毛になることもあるようです。

他にも仕事や生活のストレスなども影響するようです。

また、髪を摩擦させないことも大事です。帽子なども摩擦します。なので髪が短くても摩擦には注意するようにしないといけません。